エロゲーとエロアニメ系アダルト動画で青春をもう一度

赤い髪のキャラクタ

using phone

できないことができる世界

アダルト動画の世界と言うのは二次でも三次でも全てがフィクションの世界である。
エロビデオを借りに行けば、実録レイプなどというシリーズもあるが全ては売るためのフィクションだ。
すべてが嘘、嘘だからこそ色々な事ができるし、モラルに反したことも問題なく行われる世界。

これが、アニメやエロゲーという二次世界の話になれば、剣と魔法の世界であったり怪物が襲ってくるという世界な場合もある。
3次アダルト動画よりもさらに自由度の高い世界が二次には広がっているといえるだろう。
つまり、現実ではあり得ないプレイというものが可能になり、そういったあり得ない性癖を満たすことができる。

1011歳のロリ魔族少女とのセックスもあれば、触手プレイや異種交尾など全ての事が可能になるわけだ。
出来ないものは何もなく、探そうと思えばいくらでも見つけることができるというのもアニメやエロゲーの魅力。
人間が想像出来うる全てのシュチュエーションがそこに集まっていると言っても過言ではないだろう。

自分自身の隠された性癖に気づき、其れを発散できる場所。
それがアニメやエロゲーという実在しないフィクション世界の魅力である。

too happy to read stories

キャラクターとは

アダルト動画だけに限らずゲームやアニメにはキャラクターごとに外見的特徴が存在する。
それはお約束と呼ばれるもので、メガネキャラは清楚で大人しく、読書が趣味だという様式美である。
これがエロアニメやエロゲーであれば確実に約束されたキャラクター設定というものだ。

場合によっては意外とエロいや、スポーツ系女なのにセックスの時は乙女など、わざと狙ってずらすこともある。
しかし、キャラクターの基本は決まっており、この決まった枠の中で楽しむことができるという安心感がある。
どの子で射精すべきかと考えた場合、自分好みのキャラクターを瞬時に選べるというのが魅力といえるだろう。

こうしたお約束の世界では、やはり妹キャラと幼なじみキャラが重要だろう。
しかし、妹キャラにも勝ち気なタイプと大人しいタイプがあり、幼なじみキャラにもこの両タイプが存在する。
そのため、幼なじみと妹それぞれに2タイプが存在するエロゲーが至高ではないだろうか?

しかし学級委員長やビッチな同級生というのも捨てがたいし、欲しいキャラクターの数は非常に多い。
自分が満足できるキャラクターデザインがされているかを調べた後に購入する必要が有るだろう。

Girls showing big boobs

厳しい規制

規制等によって、アニメやエロゲーでも18歳以下のキャラクターのエロは禁止されるようになった。
アダルト動画業界としては、この設定を崩壊させるようなルールは非常にハードな制約だと言えるだろう。
しかし、そもそもアニメや漫画のキャラクターでも無理となれば、それはエロだけでなく他の描写も許されないのではないかと思う。

具体的に言えば、18歳以下というキャラクターのエロを登場させることが禁止されているため、中学高校という設定が出来ないというわけだ。
そのため、必然的に登場人物は18歳以上という事になり、ほぼ大人の女として登場することになる。
しかし、エオゲー業界と言うのは頭のいい人もいるもので、注釈を入れる事でこの設定崩壊を排除することに成功した。

例えばエロゲ小学校5年生のエロ子という11歳のキャラクターがいたとしよう。
しかし年齢的にエロシーンは表現できないため、このキャラクターを活躍させるためには一工夫必要になるわけだ。
例えば、エロゲ小学校高校5年生のエロ子1011歳という素晴らしい解決案が生まれることになる。

あくまで高校生で、年齢は魔族なので1000と11歳ですよという理屈だ。
アダルト業界苦肉の策ではあるが、なかなか面白い。

look up information on your phone

懐かしい物語

アダルト動画を見る時、男は興奮を求めているわけだ。
射精という最大目標を達成するために、他人がセックスをしている姿を見て興奮している。
その中でもアニメ系アダルト動画というのは興奮度が非常に高い魅力がある。
アニメだからこそできる表現と、可愛い女の子に囲まれることで幸せな気持ちになることができる。

このアニメ系アダルト動画を求めるようになったのは、学生時代のエロゲーが原因ではないだろうか。
大学時代、エロゲーというものに巡りあい、理想的な可愛い女の子にあれこれできるという世界を知ってしまった。
現実では絶対に出来ない恐ろしいプレイなどもアニメやエロゲーでなら可能であるし、そういったプレイにこそ興奮を覚える。
背徳感というのだろうか、普通のアダルト動画とは比べ物にならない興奮を覚えたわけだ。